ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

「よしず」「すだれ」はなぜ涼しいのか?「よしず」「すだれ」の完全活用法

「よしず」「すだれ」はなぜ涼しいのか?「よしず」「すだれ」の完全活用法

「よしず」も「すだれ」もワラやアシを利用して作られていて、遮光に使うことができます。
「よしず」は軒下などに立てかけて使うもので、「すだれ」はかけて使うものです。より手軽に設置できるのは「よしず」かもしれないですね。

また、どちらも細い隙間があいていて風を通しますので、遮光しながらきちんと風は中に入ってきます。
また、どちらの素材もストロー状になっていますので、空気の層が熱を通しにくくしてくれるそうですよ。

節電したいけど涼しく過ごしたい!そんな夏にぴったりのアイテムです。

「よしず」に水をかけると更に涼しさアップ!

「よしず」は外に立てかけて使うものですが、特に暑さの激しい昼時などには、ジョーロで水をかけてあげると良いでしょう。
そうすることで「よしず」が水分を吸って、風が2~3度涼しく感じられるんだそうです。また、打ち水のような効果も期待できます。
こういった使い方は自然素材だからこそですよね。

また、部屋の外で遮光することで、熱が室内にこもらないという利点もあります。
ブラインドなど室内で遮光をするようにすると、どうしても熱がこもってしまうので室温があがってしまいます。
そのため、熱をより良く防ぐという意味では、室外に設置する「よしず」の方が効果的です。

室内で手軽に使いたいなら「すだれ」

逆に室内で手軽に使うのでしたら「すだれ」がおすすめです。
夏用のカーテンといった感覚で、カーテンレールに設置してしまうのが簡単でしょう。
最近では巻き上げ機なんかも販売されていますので、それもあわせて設置すれば便利に使うことができます。

暑いけど節電したい!電気代も心配ですし、電力供給量も心配ですし。
そんな時には、昔からある自然素材のアイテムで上手に涼しい環境を作りたいですね。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる