日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

かわいさゆるキャラ級♪ 伊藤若冲の描くゾウさんのなんと愛らしいこと!

かわいさゆるキャラ級♪ 伊藤若冲の描くゾウさんのなんと愛らしいこと!

伊藤若冲が描いた「象」といえば…、そう樹花鳥獣図屏風で描かれた白象ですよね。

pt1_01_01

いろいろな動物たちがひしめき合うこの作品は江戸時代に描かれた作品としては異色の作品と言えるでしょうね。

そして今回紹介する若冲が描いた象とはこの樹花鳥獣図屏風ではありません。象と鯨図屏風というものになります。その作品がこちら。

スクリーンショット 2014-11-08 10.21.05

これはかわいい水墨画♪ のんびりあくびをしながら何を思っているのでしょう。立派な牙を持っているのにこのユルさ。ぽわんとした大きな耳に目尻の下がった細い目。とっても印象的なゾウさんですよね。

キャラがすごく立っているので現代の漫画やアニメ、イラストに通じる作風を持っているところが愛らしく感じられる一つの理由なのかもしれません。それにしてもかわいい。

この作品は鯨の絵とセットになっている作品で、鯨の絵がこちら。

スクリーンショット 2014-11-08 10.21.16

鯨が端に描かれた構図は若冲の特色が出ているのではないでしょうか。海の大物と陸の大物を一つの作品に描くあたり、なかなかユニークな作品と言えますね。

この象と鯨図屏風は実は発見ホヤホヤなんです。なんと発見されたのは2008年とたった6年前。若冲のこんなにもユニークな作品が6年前まで知られていなかったんです。

まだまだこれからも、こうこういったユニークな作品がある日突然発見されるというニュースは出てくるのでしょうね。とっても楽しみ。

象と鯨図屏風 文化遺産オンライン

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる