和菓子 - グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

マリメッコのウニッコ柄が和菓子に!?「UNIKKO CAFE」銀座に期間限定オープン

マリメッコのウニッコ柄が和菓子に!?「UNIKKO CAFE」銀座に期間限定オープン

marimekko(マリメッコ)」の「Unikko(ウニッコ)」柄といえば、これ。名前は知らないけれど見たことあるという人は多いのではないでしょうか。

t_marimekko1

この、マリメッコを代表するこのウニッコ柄の50周年を記念して「UNIKKO CAFE」が10月25日に期間限定で銀座にオープンします。

それもなんと、提供されるのは和菓子!和菓子店「HIGASHIYA」とコラボレーションし、ウニッコをモチーフにした色とりどりの和菓子が提供されるのです。

unikko2
unikko1

職人が今回のために創作した菓子は、伝統的な木型を使用、梔子や紅麹、竹炭、抹茶などで色付けした正統派のもの。天然の素材にこだわり作られた和菓子は、色とりどりの餡が北欧デザインを感じさせつつ、どこか和の温かみを感じるものに仕上がっています。 カフェもウニッコのイメージで彩られ、併設の売り場ではウニッコ柄の生地を風呂敷包みにした持ち帰り用和菓子セット2種(4個入、9個入)も販売するそうです。

銀座にまでいけない!とお嘆きのマリメッコファンのために(?)全国のマリメッコショップでもアニバーサリーカラーのファブリックバッグが限定数販売される予定になっているのでチェックしたいですね。

unikko3

フィンランド発のマリメッコはアパレルから雑貨まで幅広く手がけるテキスタイルブランド。 このウニッコ柄は、1964年にMaija Isola(マイヤ・イソラ)がケシの花をモチーフにデザインしたテキスタイルで、ブランドを代表する人気柄として様々なアイテムに使用されています。ウニッコ柄の記念ユーロ通貨や一昨年にはフィンランドの航空会社Finnair(フィンエアー)とコラボレーションした旅客機も登場して話題になりました。

北欧と伝統的な和のコラボレーション。 新しい和菓子の姿にわくわくしてしまいそうです。

■UNIKKO CAFE in HIGASHIYA GINZA
期間:2014年10月25日〜11月3日
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル
電話:03-3538-3230(売場) 03-3538-3240(茶房)
営業時間:売場 11:00〜19:00 茶房 11:00〜22:00(L.O. 21:00)
※日曜・祝日 11:00〜19:00(L.O. 18:00)

HIGASHIYA

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる