アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

本当に12枚&12色を重ねてしまった出来も値段も超雅なる「十二単ティッシュ」

本当に12枚&12色を重ねてしまった出来も値段も超雅なる「十二単ティッシュ」

@
2014/03/14

十二単。じゅうにひとえ。言うまでもなく、日本古来の雅なる装束であります。そして、これも言うまでも無いことかも知れませんが、本当は十二単、12枚も着物を着てるわけではないのであります。

十二単の正式名称は、五衣唐衣裳。「十二単」というのは、、言ってみれば「沢山着込んでる」という意味。「源平盛衰記」において、入水する建礼門院平徳子が「十二単を召されたり」と描かれてますが、これが発端になって「十二単」という呼称が広まったんだとか。

でも、まあ、「十二」と言ってるなら、12枚でもいいじゃないか。そりゃ、着物を12枚も着たら暑い以前に重いかも知れないけど、じゃあたとえばティッシュとかならどうか。ティッシュの「十二単」とか、どうだ。

と考えたのかどうかは知りませんが、とにかくそんな感じでティッシュの「十二単」を実現させてしまったのが、大昭和ファースト株式会社さんの「十二単ティッシュ」です。

12-1T-01
12-1T-03
御覧のように「十二単ティッシュ」、まんま十二単であります。12色のティッシュが重ねられ、見事に十二単であります。色のラインナップは、桜・緋・蘇芳・橘・菜の花・若緑・苗色・常磐緑・わすれな草・瑠璃・桔梗・藤。これら鮮やかな色づかいのティッシュが、折り重なって特製箱に入る、優雅なつくりになっています。肌ざわりも、きめ細かでやわらかい、上質なものになってるとか。

12-1T-04
その代わり、お値段は1箱144組(288枚)で、10000円。100円でも1000円でもなく、10000円。さすがに、雅。気軽に使うのが恐れ多いと感じそうな、色鮮やかなティッシュで、あなたも生活の中に真の雅さを感じてみませんか。

十二単ティッシュ – 大昭和ファースト株式会社

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる