歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

東海道と中山道が交わる宿『草津宿場まつり』江戸時代コスプレ参加者募集

東海道と中山道が交わる宿『草津宿場まつり』江戸時代コスプレ参加者募集

滋賀県草津市の草津宿場まつり実行委員会が、『草津宿場まつり』のコスプレ参加者を募集してます。

いっても、いわゆるあのコスプレではありません。江戸時代、限定です。といっても、江戸時代のキャラ限定なのではなく、マジに江戸時代の格好をする、いわゆる時代行列の参加者募集であります。

東海道五十三次の52番目の宿場町として、400年の昔から多くの人と物が往来し栄えてきた、草津宿。東海道&中山道と2つの街道が交わる日本唯一の宿だったり、また「急がば回れ」の語源だったりもする宿なんですが、そんな宿の由緒を前面に押し出した祭りが、『草津宿場まつり』

KJM-01

今年の『草津宿場まつり』は、「東海道・中山道出会い街(であいまち)」をテーマにして、4月27日に開催。古典芸能の披露や宿場の物産展、またパレードなど、草津宿の歴史と伝統を身近に楽しめる催し物があちこちで行われますが、最大の目玉は、「草津時代行列」。和宮や篤姫など歴史上の人物に扮した100人以上のコスプレ衆が練り歩くというものであり、この行列が参加者を募集してるわけです

KJM-02
応募要件は、まつり当日の時点で中学生以上であること。時代装束で約2時間の行列を歩くことが可能であること。そして、当日祭と、3月23日の説明会&かつら合わせに参加出来ること。10代女性が対象の和宮役、20代女性が対象の篤姫役など、花形は指定が細かく定員も一人ですが、藩士・足軽・中間役は定員男性50人と枠、広し。時代行列とは別に、「町衆熱演舞台」なんてのも募集してたりします。

興味のわいた方は、草津宿で江戸時代コスを楽しむのも、いいんじゃないでしょうか。募集期間は、2月28日まで。

第46回草津宿場まつり – 公式

滋賀『第46回草津宿場まつり』が参加者を大募集(4月27日開催)  絢爛豪華な“江戸時代コスプレ”をして春の街道を行脚するチャンス! – @Press

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる