ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なんと!?アメリカの和食レストランで『大麻』を使用したメニューが登場

なんと!?アメリカの和食レストランで『大麻』を使用したメニューが登場

スクリーンショット 2014-01-16 13.25.41
2014年1月1日、アメリカ・コロラド州で『大麻』の一般市民に向けた販売が解禁されました。全米初の試みということもあり、販売による売り上げや州外からの観光客増加など、今後期待される『大麻ビジネス』に今熱い注目が集まっているそうです。

かねてから嗜好品としての大麻使用に賛成の立場を表明し、合法科運動のサポーターである地元の和食レストラン「Hapa Sushi」ではこの流れに先駆け、“大麻を材料に使用したメニュー”を開発し、話題となっています。

大麻には「INDICA」と「SATIVA」という2つの種類があり、INDICAは摂取するとリラックス効果のある、いわゆる“ダウン系”、逆にSATIVAには高揚作用があり“ハイ”な状態になるのだそうです。このレストランでは和食を中心としたメインディッシュに、INDICAやSATIVA、また2つを混ぜ合わせた「BLEND」の3種類を用意し、サイドメニューとして提供しています。例えば「NEW STYLE SASHIMI」と名付けられたお刺身には、わさびの代わりに“大麻を混ぜ込んで作ったクッキー”が添えられています。

写真で見る限りはおいしそうですが、Hapa Sushiのメニューにはは他にも刺激的なものが多数。

20140109_123153_hapa1_400

大麻は嗜好品・医薬品として用いられていますが、使用・所持については多くの国や地域では違法。いつか日本でも合法化されてレストランのメニューに登場する日がくるのかな?

Sushi Restaurant Embraces Drug Legalization With Cannabis Pairing Menu – PSFK
Hapa Sushi | Sushi Grill | Sake Bar | Colorado

via: 米和食レストラン、『大麻』を材料に使用したメニューで合法化を歓迎 | AdGang

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる