ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

蒸しウニを贅沢に入れた「関門うにまん」が築地に登場

蒸しウニを贅沢に入れた「関門うにまん」が築地に登場

北九州門司港の新名物といえば「関門うにまん」。

北九州に行くか、お取り寄せ、期間限定の物産展でしかいただけなかった「うにまん」が東京の築地場外市場「まる一浜田商店」で常設販売が開始されました。店頭では熱々の蒸かしたてを楽しめるそうです。販売時間は9時~14時。築地市場の休市日に準じてお休みとなります。

unimain_1とげとげがないウニみたいです。

大人気の「関門うにまん」の極上品も登場。その名も『関門うにまん-極(きわみ)-』(¥840)。「関門うにまん-極-」は、米粉、米油、豆乳を使って、和風ホワイトクリームをつくり、それにウニペースト、蒸しウニを贅沢に入れ、とろ~りとした餡(具)に仕上がっています。

これをくり貫いた皮(竹炭使用)の中に口一杯まで入れ、さらに、その上に生ウニをぎっしりとフタのように盛り付けた、まさに極上品!口に含んだ瞬間、芳醇な香りが鼻に抜けていくウニ餡を、ちぎった皮につけながら食べれば、ウニ好きにとって至福の瞬間が訪れます。

uniman1ウニ餡の上にこんもりと生ウニが。贅沢!!

ほかほかのうにまんを片手に築地市場をぶらり散歩もいいですね。

新名物“うにまん”詳しくはこちらから。

うにまん極み

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる