アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

伝統工芸と最新技術の融合!青山にて阿修羅像にプロジェクションマッピング

伝統工芸と最新技術の融合!青山にて阿修羅像にプロジェクションマッピング

伝統性と新奇性。
古来より、それらは相反し非対称的なもので、混じり合う事はタブーとされてきました。

しかし近年、急速に変化する時代の中で、日々アップデートされる情報を浴び、その恩恵を享受してきた我々は、日本の伝統性を最新技術を通じて、世界にoutputする表現を身につけてきました。

数々のクリエイターは、より強く日本をPRする広告表現を模索し、創作するようになり、確実に国の内需を潤す事にも、高度な技術力や繊細な美意識を持つ日本を、世界へと発信していく事にも貢献してきました。

現代に生きる我々は「最新技術」と目くじらを立てる事もなく、意味のない倫理観を流行らせる事もなく、世界に対して、日本らしい文化を、最新技術を通じて発信していくべきではないでしょうか。

今こそ伝統性と新奇性は、同じベクトルを向いて、相互が呼応し、ヒエラルキーなく連鎖していくべきで、そこから生まれるクリエイティブは必ずや新しい発見や興奮を生みます。

11/1(金)、仏像販売、イSムブランドで有名な(株)MORITAが、青山に新しく仏像のshopをオープンしました。開店日のレセプションパーティにて「阿修羅像とプロジェクションマッピングのコラボレーションLive」を実施しました。

1

5 6

阿修羅像とプロジェクションマッピングの共演は東京発、いや、日本初なのでは!?

秋の夜長に阿修羅像を照らしたのは「パークホテル東京」「ラ・チッタデッラのハロウィンパーティー」等の、大規模なプロジェクションマッピングも手がける空間演出チームの「antymark

3

3.11以降、日本を復興しようとする動きが各地で強まり、東京オリンピックの開催も決まり、誰もが「日本に向いている」現代、日本の伝統的なシンボルと最新技術の融合は、確実に意味のある「世直し」に繋がる事を信じて。

イSム 表参道店
■場所:青山 〒 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-48-3サンエムビルB1F・1F

この記事は和泉直樹さんにご寄稿いただきました。ありがとうございます。
みなさまからのご寄稿、お待ちしております!
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる