歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

老舗海苔メーカー、山本海苔店がおこなった日本初の試み

老舗海苔メーカー、山本海苔店がおこなった日本初の試み

海苔は日本の食文化には欠かせない食材と言えます。ちょっとしたトッピングにも使われますし、海苔巻きや手巻き寿司などにも必要ですし、ご飯のお供としてもポピュラーなものですよね。

そんな海苔を扱う老舗メーカーに山本海苔店があります。老舗というと伝統をかたくなに守る!というようなイメージがつきものですが、実は日本初のことを行ってもいるんです。

山本海苔店の日本初 其の① 味付海苔

今やごはんのお供として欠かせない味付海苔ですが、初めてこれを作成したのは山本海苔店なんです。

味付海苔が作られたのは1896年(明治2年)です。今から100年以上も前のことなんですね。よりおいしく毎日の食卓で海苔を食べてもらいたい!という思いが味付海苔の開発に結実していったのかもしれませんね。

6844411233_712157143f_z

山本海苔店の日本初 其の② ドライブスルー

ドライブスルーというとファーストフード店などを思い浮かべますよね。車社会と言われているアメリカではファーストフード店だけでなく銀行やコインランドリーなど様々なドライブスルーがあるようですが、日本ではあまりその種類は多くはありません。

しかし、ドライブスルーの歴史を見てみると、実は日本で初めて設置されたのは山本海苔店の海苔のドライブスルーのようなのです。
設置されたのは1965年(昭和40年)です。

今現在は撤去されてしまっていますが、平成3年頃まではあったそうなので、利用したことがある方もいるのでは?

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる