ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

新潟ライスガールズ!コシヒカリの魅力をPRするメニュー発表会開催

新潟ライスガールズ!コシヒカリの魅力をPRするメニュー発表会開催

日本人といえば、米です。そして米といえば、新潟です。

粘りがあり、もっちりとした食感を誇る、新潟県産のコシヒカリ。大抵の人にとっての「ご飯」のパブリックイメージを規定してるというか、通常「米」を連想した時にデフォで頭に浮かぶのは、あの味でしょう。最近はササニシキのあっさりした食感も人気ですが、まだまだ「日本の米」といえば、コシヒカリであります。

そんな新潟県産コシヒカリの美味しさを、より広めようと結成されたのが、新潟ライスガールズです。ルックスは、こんな感じ。

d607-568-155698-0
「全然ガールズじゃないじゃないか」と思われたかも知れません。新潟ライスガールズのメンバーは、50~70代の農家女性。確かに、全くもって、ガールズではありません。しかし、簡単に「●●●48」みたいな名前をつけなかった心意気だけは、立派だとは思いませんか。

新潟ライスガールズは、景気低迷で自炊派や弁当派が増えた現状を受け、都内でコシヒカリを積極的にアピールしています。この10月には、コシヒカリの「最高に美味しい」食べ方をアレンジしたメニューを、和食「えん」にてプロデュース。朝食の「おはよう!日本人なら新潟コシヒカリのおむすびセット」やランチの「新潟コシヒカリ昼御膳」、また謎の帰国食「おかえり!日本人実感 帰国めし」などが、「えん」各店舗でメニュー展開されてます。

また10月7日には、「えん」汐留店でこれらメニューの発表会も、開催。発表と試食に加え、おむすびの提供、そしてコシヒカリの魅力を伝えるラップ付きオリジナル曲のPVなんかも披露されるんだとか。コシヒカリの動向に関心がある方や、ガールズのラップに興味津々の方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

新潟ライスガールズ コシヒカリメニュー発表会開催(2013年10月7日(月)12:00〜 ) – PRTimes

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる